高齢者向けのデザート・おやつの効果や注意点を徹底解説!

介護施設や老人ホームでは食事が提供されますが、そこで一緒に提供されるデザート、またおやつは高齢者の方にとっても楽しみの一つではないでしょうか。

しかし、特に健康面の配慮が必要となる高齢者の方においては、提供するデザートを選ぶ際にも注意が必要です。

今回は、高齢者の方のデザート・おやつの効果などについて解説していきます。

1.高齢者にとってのデザート・おやつ

普段、食後に食べるデザート、また食事と食事の間に食べるおやつは、食生活の中の一つの楽しみとなっているでしょう。

ただ、高齢者の方にとって、デザート・おやつの役割はそれだけではありません。

食事を楽しむためというのも非常に重要ですが、高齢者の方が健やかに生活を送ることができるような栄養素を摂取するということも非常に重要です。

高齢者の方の中には、噛む力や飲み込む力が弱くなっており、健康に生活するために必要な栄養を含んだ料理を食べることができない場合があります。

そんな時に役立つのがデザートやおやつです。

ゼリーやプリンなどのあまり噛まなくてもよい食べ物や、ゼラチンを使って飲み込みやすくした食べ物など、高齢者の方でも食べやすいのがデザートやおやつでしょう。

必要な栄養を、安全に摂取するためにもデザートやおやつは高齢者の方にとって必要であるといえます。

実際、高齢者向けのおやつは、不足しているエネルギーや栄養素を摂取するための「補食」として扱われており、介護の現場では欠かせないものになっていると考えていいでしょう。

2.高齢者のデザート・おやつの3つの効果

ここからは、高齢者がデザート・おやつを食べることにはどのような効果があるのかについて解説していきます。

①食生活の楽しみが増える

一つ目は、やはり楽しみが増えるということです。

普段の食事だけでなく、食事のあとに甘いものを楽しんだり、食事と食事の間におやつを楽しむことは、普段の生活の中にハリがでるひとつのポイントになるでしょう。

また、日替わりで違ったデザートを提供して、その時間が楽しみに変わってくれば、体や脳の活性化につながっていく可能性もあります。

加えて、デザートやおやつを食べながら、周りとの会話を楽しむことは、居住者の方にとってもプラスになるでしょう。

②栄養を摂取する

1章でもお伝えしましたが、デザートやおやつは、食事だけでは摂取しきれない栄養素を取るためにも重要です。

高齢者の方の中には、歯や胃腸の機能の衰えや、食欲があまりないなどで、十分に食事が取れない方もいらっしゃいます。

そのような方が、十分に栄養を取ることができるよう、デザートやおやつで栄養を補うことは大切なことです。

普通の食事と違い、甘いものであれば食べられるという方もいるので、やはりデザートやおやつで栄養をとることは効果的といえるでしょう。

また、デザートやおやつは、プリンやゼリーといった食べやすいものも多いため、その点でも体が衰えているような高齢者の方にはおすすめです。

③水分を補う

高齢者のデザート・おやつにおける重要な役割として、水分を補うという点があります。

年齢を重ねると、自然と食事の量が減ってしまうため、食事に含まれている水分からの水分摂取量も減ってしまいます。

そこで役立つのがデザートやおやつです。

ゼリーやフルーツなどの水分を多く含んだものであれば、美味しく手軽に水分を取ることができるでしょう。

また、デザートやおやつから水分を取るのではなく、水分を取る手助けをするということも可能です。

チョコレートや羊羹などの、甘味の強いものを食べることでのどの渇きを促進し、お茶などから水分を取るというケースも考えられます。

どちらにしても、高齢者の水分を補う役割としてもデザートやおやつは優秀であると言えます。

3.高齢者のデザート・おやつの3つの注意点

良い点ばかりに見える高齢者のデザート・おやつですが、提供する際には注意点もあります。

介護施設や老人ホームで食事関係を担当されている方は、忘れずに確認しておきましょう。

①高齢者の健康状況を考慮する

デザートやおやつはあくまでも補食であり、高齢者の方の健康維持が一番の目的となります。

そのため、健康を害する可能性があるデザート、おやつは避けるべきでしょう。

例えば、カロリーが高いデザートを糖尿病の方に提供する、塩分の高いおやつを高血圧の方に提供するなどは絶対にないようにしましょう。

まずは健康に過ごしてもらえるということを第一に、楽しんでもらえるようなデザート、おやつを選ぶようにしましょう。

②食事の時間とのバランスをとる

デザート、おやつは補食であるため、食事の妨げになってはいけません。

高齢者の方は、胃腸の機能が衰えている場合もあるため、たくさんの食事を食べることは難しいです。

そのため、食事をとれなくなってしまうような時間帯におやつを提供することは避けましょう。

また、おやつの量に関しても気をつかうようにしましょう。

③食べやすいものを提供する

高齢者の方は、噛む力や飲みこむ力が弱く、普通の方と同じように食事をすることができない方もいらっしゃいます。

そのため、食べ物がのどに詰まって窒息してしまうなどの事態が起きないように、食べ物には細心の注意を払う必要があります。

ゼリー状のものであっても、噛む力が弱ければ詰まってしまう可能性も十分にあるため、場合によっては嚥下食に分類されるようなデザートを選ぶようにしましょう。

4. 高齢者におすすめのデザート・おやつ3選

①ゼリー

高齢者向けのデザート・おやつの定番であるのがゼリーです。

とろみがあり、噛む力がないような高齢者の方でも食べることができます。

水分量も多いため、高齢者の方の水分を補うこともできるでしょう。

また、味も豊富であり、高齢者の方が飽きずに食べることができるというのも魅力になります。

②プリン

ゼリーと似た食感であるプリンも高齢者向けのデザート、おやつのひとつです。

マンゴーやイチゴなどのフルーツ系の味や、抹茶味など、プリンも様々な種類があるため、日常的に提供しやすいデザートになるでしょう。

また、ゼリーと違ってプリンからはタンパク質を摂取することができるため、状況によって使い分けるのも良いでしょう。

③果物

果物も高齢者の方向けのデザート、おやつには最適です。

果物は水分を多く含んでいるため、高齢者の方の水分補給を助けてくれるでしょう。

また、ビタミンなどの栄養も豊富であるため、補食としての役割も果たしてくれます。

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

高齢者の方のデザートやおやつがどのような効果をもたらすのか、また選ぶ際にはなにに注意しなければならないのか、少しでも参考にしていただければ幸いです。

介護施設や老人ホームで食事関連を担当されている方は、この機会にデザートやおやつの導入、また新しいものを試してみていただければと思います。

また、「業務用デザート・業務用スイーツ.com」では、高齢者の方でも食べやすいようなデザートを提供しております。

無料サンプルもございますので、すこしでも気になった点がある方は、下記よりお問い合わせください。