高齢者の低栄養について

こんにちは。「業務用デザート・業務用スイーツ.com」編集部です。
今回のコラムでは、高齢者の低栄養について解説いたします。

そもそも「低栄養」な状態とは?といった部分から原因や低栄養の症状、対策について分かりやすく解説いたします。

 

1.はじめに

高齢者が低栄養に陥るきっかけは様々です。低栄養は虚弱の原因となり、要介護状態や死亡のリスクを高めます。加齢と共に、身体機能や認知機能などは徐々に低下していきますが、低栄養になるとこうした機能の低下が更に進み、機能障害の一因となりますので、低栄養を予防し、身体機能を維持し、生活機能の自立を保つことが大事です。

2.高齢者の低栄養とは?

私たちの体は、食べた物から得られる栄養素をエネルギーに変えて動いています。
そのエネルギー摂取量や、筋肉、皮膚、内臓などの体をつくる「たんぱく質」やビタミンが慢性的に足りない状態を「低栄養」といいます。また、「低栄養」は急激に体調が悪化するような状態ではありません。しかし、栄養が満足にとれない状態が続くと、徐々に体に悪影響を及ぼすようになります。


高齢者の食生活の特徴としては、高齢者単独世帯、高齢者夫婦世帯になると「同じものばかり食べる」「買い物や調理が億劫になる」「食事そのものの関心が薄れる」など食生活が単調になり、食事の回数を減らすなどの加齢に伴う身体的、精神的、環境的問題で高齢者が低栄養になることが明らかになってきています。

3. 高齢者が低栄養になる原因

高齢者が低栄養となる要因を下記に書き出してみました。
①身体的要因(咀嚼・嚥下機能の低下、消化・吸収・代謝機能の低下、味覚・視覚・嗅覚など感覚機能の低下、運動機能の低下、慢性疾患など)

②精神的要因(孤独感、社会的疎外感、認知症・うつ病などの疾患、家族や友人との死・離別、生きがい・生きる意欲の喪失慢性疾患、食事や調理への関心の喪失、独居、コミュニケーション障害、閉じこもり)

③環境的要因(経済的困窮、買い物・調理能力の欠如、栄養知識の欠如、移動手段の欠如、不十分な調理、貯蔵施設)
上記のように様々な側面から低栄養になる原因を抱えています。

 

4. 低栄養の症状

低栄養の症状の中で、目に見えてわかりやすいものは「体重の減少」です。私たちの体は栄養が摂れない状態が続くと、自身の体の筋肉や脂肪を分解してエネルギーに変えようとします。これが、体重が減る原因です。

また、第三者から見てわかる低栄養の症状としては…
・歩ける距離が減った、横になっている時間が増えた
・肩や足を触ると皮膚の下にすぐに骨格を感じる(筋肉や脂肪の減少)
・疲れやすい
・表情が乏しい、発語が少ない
・腹部や下肢のむくみ
・皮膚や口の中の乾燥など

本人が感じる心やからだの変化や特徴としては…
・疲れやすい
・食欲がない、食べにくい
・口の中がよく乾く
・便秘
・腹部や下肢のむくみ

5.低栄養の予防


高齢者は、1回に食べる量が少ないため3食食事をしないと1日に必要なエネルギーやたんぱく質が不足します。
少食で1度に多くを食べられない時は、間食で乳製品、果物、市販の栄養補助食品からカロリーやたんぱく質を補うようにしましょう。
パンやカップ麺などの加工食品で食事を済ませず、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品など、たんぱく質を多く含む食品を毎食におかず1品入れるようにしましょう。多種多様な食品を取り入れることで栄養をバランスよく摂取することができます。
また楽しい食事と美味しく食べることを心掛け、デイサービスの地域支援事業に参加したり、外出する機会をつくり誰かと一緒に食をとるなどの機会を増やしましょう。
栄養補助食品は、食事だけでは補えない栄養素を補うための食品です。上手に利用してみましょう。

 

6.まとめ

低栄養状態になってしまうと、筋肉量や筋力の低下、骨格筋量の減少、免疫力の低下につながります。これらにより疲れやすさがでるので、体を動かさなくなります。それによってさらに筋力の低下し、食欲がわかず食べる量が減ったりします。このような悪循環に陥らないためには、栄養・運動・人や社会との交流など、多方面から悪循環を断っていく方法を考えてみましょう。食事を見直して、食べる量や回数、栄養素のバランスに気を配り、低栄養状態の予防に努めましょう。

最後に、この記事で紹介した内容を簡単にまとめておきましょう。
・低栄養とは
◎食生活が単調になり食事の回数を減らすなどの加齢に伴う身体的、精神的、環境的問題が低栄養になることがある
・低栄養の原因
◎身体的要因、精神的要因、環境的要因
・低栄養の症状
◎体重の減少、疲れやすい、腹部や下肢のむくみ、皮膚や口の中の乾燥など
・低栄養の予防
◎多種多様な食品を取り入れる。栄養補助食品などを上手に活用しましょう。